どうなっていくのか

2月20お天道様を過ぎた感じになり、本当にサムライジャパンのプレーヤーは、宮崎で直前合宿というためね。はじまるんだな。ってね。思っていますけれどもね。
今回のWBCなのですけれども、どうなっていくのか?気にはなってはいらっしゃるけれどもね。で、山田もバレンティンも活躍してもらって、今後のピークがはじまったときに素晴らしい魅了をですけれどもね。やるものですけれどもね。
で、山田なんですけれども、DHがメインに繋がるのかな?ってね。真面目、菊池をセカンドで山田をファーストで使えばってね。常に日毎思うのですけれどもね。
そこがおいらといった小久保演出では目指しているところが依然として違うんでしょうね。
おいらは、ミニベースボールで細かい野球を。自身が4番バッターだった小久保演出は、大砲、ホームランバッターを取り上げるような体感にかけて居るのでしょうしね。
そこは考えながら見るしかないし、仕方ないのかな?http://xn--dck4au8c7drc1cs8842sygh.xyz/

冷静に判断して

でね。そんなのって、キャッチャーの誘引は全員。落合とかラミレスが投手というレースするが、キャッチャーといったレースするみたいなことを言ったりして、キャッチャーの肉筆が全員、守らないといけない。みたいなのが、どうにも納得いかないですね。
自分が投げない、投げていないのもあるからね。そういうので、一際エゴをだしてくださいしね。けれども、冷静にシュートやスライダー投げて、ゲッツーというのも見たいですしね。
どうしても、キャッチャー任せ、肉筆任せという投手が多すぎることはまずいかと。
そういったのってね。あるから、キャッチャーは必ず冷静に判断してですけれども、自分で移すことをやるけれどもね。けれども、振り分ける指揮、コーチというのが悪いと想うくらいに図太い感じで済ませろものです。後、打てなくても嬉しいっていうのはやめてほしい。敢然とバントして、最後打席で疲れたから打たないっていうのはやめてほしい。ここ